後期臨床研修医募集このページを印刷する - 後期臨床研修医募集

医局の構成

  • 医師数 : 8名 (精神保健指定医 4名)
  • 医局出身大学構成 : 熊本大学,昭和大学,鹿児島大学,宮崎医科大学,福井医科大学など
  • コメディカル 看護師 180名、児童指導員 3名、作業療法士 7名、ケースワーカー7名 
  • その他非常勤職員 : 心理療法士4名など

研修の形態

当院だけで単独で行うことが基本ですが、ニーズに応じて国立病院機構熊本医療センターとの共同が可能です。
  • 研修等を行う診療科・コース : 精神科 
  • 研修等の開始時期 : 平成18年4月1日
  • 研修等の期間 : 2または3年
  • 身分 : 非常勤医師(精神科レジデント) 
  • 宿舎 : あり (単身用と世帯用があります。1泊1500円で利用できる短期間の宿泊施設もあります。)

学会の施設認定の状況,取得可能な資格

精神保健指定医、日本老年精神医学会(専門医)、日本行動療法学会(認定・専門行動療法士) 

募集内容

  • 募集人数 : 3名
  • 応募資格 : 医師免許を有し、初期臨床研修を終えたもの
  • 選考方法 : 書類および面接 

申込・応募先,病院見学の申込先

研修等終了後の進路

  • 独立行政法人国立病院機構 菊池病院の常勤医師
  • 他の独立行政法人国立病院機構施設の常勤医師 

研修内容などに関する事項

日本老年精神医学会認定施設です。(認定No.: 認施第200046号) 

老年期精神医学について、専門医3名、専門病棟があり、充実した指導者と、豊富な臨床例があります。1~2週間の短期研修を医師以外にも幅広く提供しています。 措置入院や児童思春期の症例、器質性精神障害などの幅広い症例の入院治療を行っており、精神保健指定医取得に必要な症例を当院だけで満たすことが出来ます。過去数年間に10名弱の医師が当院で、指定を取得しました。 

新薬の治験などの研究を活発に行っており、新薬に関する新しい知識や臨床試験の経験をつむことができます。

研究費や学会出張費についても研修医の必要を十分に満たすことができます。院内LANなどのネットワーク環境が整備されていますので、医学中央雑誌などの文献検索が、自分の机の上から可能です。また医学論文の指導も行います。 

1時間以内の範囲に、熊本医療センター、熊本再春荘病院があり、これらの病院と連携しています。研修医のニーズに応じて、これらの施設での研修も同時にできます。 

勉強会など

症例検討会、画像診断検討会、抄読会