病院の特色このページを印刷する - 病院の特色

基本方針

  1. 政策医療の中での精神療養所に特化された対応困難な精神科救急医療
    (措置入院も含む)
  2. 地域のニーズに基づく高度先駆的な医療
    • 急性期から社会復帰に向けた一貫した精神医療
    • 老人性認知性疾患を含む老年期精神医療
    • 重症心身障害(重度行動障害)医療・てんかん医療
    • ストレス関連性障害
    • 不安障害(社会不安障害,パニック障害,全般性不安障害,特定の恐怖症)
    • 気分障害(難治性うつ病,双極性障害)
    • 若年発症の統合失調症
    • 身体合併症
  3. 訪問看護(月曜~金曜の午前午後実施)
    ※外来でご相談ください

精神科救急医療

  • 熊本県救急輪番制の参加(月に2-3回)、老年期認知症疾患の救急後方病院
  • 措置入院患者の積極的受け入れ
  • 応急入院の病院指定を受ける(平成12年7月1日付)
  • 時間外、土・日曜日の救急患者は積極的に受け付ける

病棟構成

認知症治療病棟

(ウィング3病棟 60床)
老年期脳障害の、特に痴呆性老人に対する医療、看護。

ここでは、認知機能が中等度から高度で、さらにそれに加え、異常行動(徘徊、興奮、逸脱行為など)や精神症状(妄想・幻覚・せん妄などの意識変容、記憶錯誤など)を併せ持つ「痴呆性老人」を主たる対象にしております。 類型としては、脳血管障害による血管性痴呆と老年変性性のアルツハイマー型認知症が主となっております。 これらは、精神科医療を必要しながら処遇上も最も社会的要請の強いものです。その診療の実際においては、精度ある診断や向知性薬の治験はもとよりであるが、「理にかなったケア」の開発も心がけています。

精神科一般病棟

(ウィング1病棟 53床 計53床)
脳器質性精神疾患を含む精神障害の医療・看護。

ここでは、一般精神障害はもとより、小児分裂病、いわゆるProblem behaviorchild 、精神症状をもった精神遅滞やてんかん性疾患などから、初期や軽症の初老・老年期の認知性疾患、老年期特有の遅発分裂病、遅発性躁鬱病、老人神経症、各種の初老老年期の妄想幻覚精神病など含まれた疾病構成となっております。

医療観察法病棟

(ウィング6病棟 19床・ウィング1病棟ユニット病床 6床 計25床)

重症心身障害病棟

(ウィング2病棟 50床・ウィング7病棟 30床  計80床)
  多動性精神遅滞・脳性麻痺に対する療育

いわゆる寝たきり中心の重症心身障害施設は数多いが、行動障害(多動性、極端な脳器質性の情動・行動障害など)を持ついわゆる「重症心身障害児・者」の施設は少なく、周辺県からの利用者も多く、その療育を行っております。

ここで特に重視されるのは、難治性小児てんかんが多く、入院児(者)の6割にてんかん発作の経歴があり、このてんかんの診療にはてんかん専門医があたっております。

また、当院の重症心身障害病棟は、病院であると同時に福祉施設であるという特色を持っています。平成18年の障害者自立支援法の施行に伴い、入院患者様には病院との利用契約を結んでいただくことになっています。

高等部訪問教育(熊本県立黒石原養護学校による)

平成20年度より、熊本県立黒石原養護学校高等部の訪問教育が始まりました。重症心身障害病棟に入院中でも、院内の教室に通って学校教育を受けています。